パティスリー ララ
当店について

当店について

パティスリー ララのこだわり

【美味しい甘い物で、食卓に笑顔を!】を掲げ、ブーランジュリー&パティスリー(パン&ケーキ屋)菓子職人(スイーツエージェント)の誇りを持ち。食を通しての、健康で元気な生活のお手伝いが出来ればと、スタッフ一同邁進してまいります。
ララ洋菓子店、パティスリーララ、ブーランジュリー&パティスリーRRとして。

パティスリー ララのこだわり

当店のこだわり

伝統の中に、新しい発見が出来ないか?
自分なりに作ったら、どんなお菓子が出来るのか?
私のお菓子づくりは、伝統への挑戦から始まりました。
テーマとしている『作る・造る・創るの違い』と進化系を体現化すべく。
伝統菓子に挑戦するには、伝統を素直に受け継ぎ、確実に体得し、ノウハウとして次世代に伝えられるレベルまで達してから、アレンジしていくことが求められます。
現れては消えてゆく流行菓子は、他のパティシエ達に任せて、
「La tradition 」を受け継ぐ事こそが、私の仕事と心得ております。
それは、先代のバウムクーヘンや、ロシアケーキ(名前は変更)であり、師匠の焼き菓子マドレーヌや、フールセック類であります。シンプルなフランス菓子モンブランに表現されている【ベーシックは美味しい】の一門出身者の共通項でもあります。
ブーランジュリー・パティスリーとして、何が違うのか?何ができるか?何を残していけるのかを創業100年に成る2032年までには。

当店のこだわり

代表

菊川製菓有限会社、ララ洋菓子店シェフ・パティシエ菊川儀明

代表

経歴

1965年、静岡県三島市生れ。
1985年、あべの辻製菓技術学校を卒業。
1986年、辻グループフランス校製菓2期卒業。
世田谷区尾山台「Au Bon Vieux Temps (オーボンビュータン)」にて約4年間河田勝彦氏に師事。
1991年、再渡仏。
リヨン・パリのホテル・パティスリーで働くも湾岸戦争で労働許可が下りずスタージュ(研修性)ではと、1993年帰国・帰郷。
昭和7年創業の「ララ洋菓子店」の三代目として事業を継承。
「Gateaux・ガトー」静岡県洋菓子協会理事、同東部会会長、支部長。「富士山洋菓子倶楽部」主宰、
2016年スイーツエージェント協会 創設、代表理事就任
製菓学校・大学短大農系ゼミ、実業高校(農・商・工)、小中学校にて「菓子職人・パティシエとは」の職業講話。主題はいつも『ケーキを作る・造る・創る』の違い
ガトー主催でも、都内有名パティシエを招いての「プロ向け技術講習会・勉強会」など企画・開催。
一社)スイーツエージェント協会では、専門家とパティシエ、元パティシエール(主婦)達を繋ぎ。各地のお菓子(財宝)発掘企画。子育て後の元パティシエールの再雇用するための施策を全国に広める活動を開始。

経歴

出生~小学生時代

1965年(昭和40年)、静岡県東部では一番古い「洋菓子専業店・ララ洋菓子店1932年創業」の長男として生まれました。
高度成長期により両親・親戚・住み込み職人たちでごった返している中、父親は厳しく育てようと、階段の掃除(住居兼ケーキ工場)を幼子にさせていました。

幼稚園年長の時、近くに住む祖父母(創業者)に賄いの食事を届ける時に車に跳ね飛ばされるという、珍事が起こります。近所でも「偉い子」とか「ララの(長男)のりちゃん」として知られていたので、直ぐに近所の方の車で病院に担ぎ込まれ、一命を取りとめます。
小さい頃から、親や他人の言うことを聞かない子供だった私は、小学校の低学年から剣道場に通わされていました。
当然真面目に通い続ける訳もなく、理由を付けては休みがちになります。
勉強は嫌いではなく、学習塾も、仲の良い友達たちと仲良く通いました。得意教科は数学、英会話のネイティブなマンツーマンレッスンをする機会があり後に、英語のスピーチコンテストにクラス代表に選ばれることもありました。

出生~小学生時代

中学生~高校生時代

中学校になり剣道部に入りますが、多少経験していたので、上級生に勝ったりしてまた、天狗になってしまいます。初段の試験の「掛かり稽古」で高校生を滅多打ちにしてしまい落選(それ以上は伸びません)中3の部活が終わると家の手伝い「仕事」が始まります。(嫌々起こされて)
「沼津商業高校」に合格し、入学間近の4月毎朝・叩き起されることに「嫌になり」何回目かの家出!
上野でフラフラ、大学生のスキーサークルに紛れ込ませてもらい青森へ。
寒いのが嫌いなのに、なぜか?青森の青函連絡船で「剃り込み坊主頭・スポーツバック」で補導されます(笑)
父親が青森警察署に迎えに来ました。
三島に返されひとまず高校へ入学。そこでもまた珍事が・・・。
入学して直ぐの実力テストで何も勉強していないのに「上位に入る」(レベルを落として単願受験なので当たり前)・・・と。  これまた天狗になる要素万点の事件。

結局、高校はラグビーと友達作りしか残りません。朝、『ベビーシュークリーム』用のカスタードクリームを20リットル位炊いて行くのですから、学校では寝ていました。(笑)

高校3年の進路を決める時、一応ラグビー部キャプテンなので「推薦」が貰えるかと、甘い考え。
本人にまだ就職の意思はなく、すったもんだで「ケーキ職人」に。
それも、舐めていて「ケーキ職人なら卒業証書いらね~」と、学校に行かなくなります。(あと少しで授業もなくなる3年の秋です)

当然、大切なラグビー部にも迷惑がかかりました。家業(ケーキ作り)の仕事も面白くなく、家からも飛び出し、友人の紹介で、住み込みの大工(型枠)もしたりして、自動車免許を取らせて貰ったりします。当然のように親戚や姉が探し始め、友達から聞き出し大工の親方の所へ。「すみません家に返してください」と姉。それなら、勉強し直せるように「専門学校へ行かせてくれ!」で、それを条件に再び「菓子職人の道」へ。

中学生~高校生時代

専門学校時代 ~ パティシエの道へ ~

当時、「料理天国」という、芳村真理さんや龍虎さんが出ていた番組が流行っていました。
そこで見つけた川北先生の「菓子職人」で、自分の家との差「パティシエ」(当時・まだ呼び名も広まっていません)を感じ、「辻製菓技術学校」(料理学校の製菓としてまだ認可が下りる前でした)へ、入学(中学卒も、社会人も、大学卒も一緒でした)しました。

そこでは働きながら(夜)学校へ来る元社会人、新聞配達に住み込んで仕事しながら(早朝)授業に出ることを普通にしている奨学生と自分が「虐げられていた」と言う誤解を綺麗に払拭する友人たちに出会います。

ですが、まだまだ自己満足は続きます。さらに、脛を噛じってやろうとリヨンの近くのリエルグ村にあるシャトードレクレール「辻・フランス校」へ。
そこで素晴らしく意識の高い料理人・菓子職人「後の有名シェフたち」に触発されるわけです。
まだパティシエコースは2期生で、先生達も元は調理科、フランス人MOF(最高勲章)のモーリス・ボゲェイ先生は全く怒らない。
伸び伸びとお菓子三昧、料理人の友人たちに誘われてピラミッド(フェルナンポワン)などの最高級「星付きレストラン食べ歩き三昧」と、パワフルで夢を持った20・21歳の青年たち「未来の有名シェフ」というかけがえのない友人たちに出会ったのです。

専門学校時代 ~ パティシエの道へ ~

広小路本店

広小路本店

昭和7年。初代・菊川儀雄、千代子が当時静岡県でも珍しかったケーキ専門店としてスタートした「洋菓子専門店」。

三島市広小路の商店街に開店した広小路店は、小さなお店ですが付近の学生さんや買い物帰りの方々に愛され、現在でも変わらぬ味を楽しんでいただいています。

また、「文豪・太宰治に愛されたララ洋菓子店」としても有名で、毎日のように散歩の途中に店に寄って、レコードを聞きながらコーヒーを飲みに通っていました。そんな歴史ある「元祖パティスリーララ」広小路本店に是非足を運んでみてください。

ララ洋菓子萩店ケーキ工房

ララ洋菓子各店のお菓子&パンは、ララ萩店ケーキ工房(2階パン工房)でお作りしています。

ララ洋菓子萩店ケーキ工房

三島市萩66番地

富士山の見える喫茶店、ララ洋菓子萩店

三島市萩66番地

清水町サントムーン柿田川内店

清水町サントムーン柿田川内店

平成9年、清水町サントムーン柿田川内に「パティスリーララ柿田川店」をオープン。
大きなショッピングセンター内にあるお店です。様々なお客様で賑わっているお店です。

パティスリー ララ

初めまして!三島 ララ洋菓子店、パティスリー ララです。

当店は三島市で1932年(昭和7年)創業以来数多くのお客様に愛されている洋菓子、ケーキ屋です。
一押しはイチゴロール!
ロングセラー商品「昭和からのベビーシュークリーム」は、今では4世代にわたって愛され続けています。
昔ながらの懐かしい味にしつつ、安心安全はもとより厳選素材をふんだんに使うことによって、幸せを食卓へ届ける努力を惜しみません。
ぜひ、一度ご賞味ください。
スイーツ=太る、罪悪感がある方が多いのではないでしょうか?
当店のスイーツは食材にこだわっておりますので、安心してお食べいただけます。
地元の皆さまにも親しんでいただけており、観光で来られた方へもおすすめです。お気軽にご来店ください。

閉じる